紀三井寺 金剛宝寺
宗派 救世観音宗
本尊 十一面観世音菩薩

第二番 紀三井寺

御詠歌 故郷をはるばるここに紀三井寺 花の都も近くなるらん

19年1月20日JR紀伊勝浦から特急スパー黒潮でお昼過ぎ和歌山駅に着く。駅前からバスで紀三井寺下車。
 334段の急な石段を登る。途中に身代わり地蔵が祀られていて休憩ポストだ。
本堂前の桜は近畿地方で一番早咲きで、開花便りの基準木になっている。
 本堂は紀州徳川家の発願で江戸中期の再建、室町時代の楼門、多宝塔、塔鐘楼、三つの名水井戸など重要文化財が多数。
 高台で万葉歌で知られている「和歌浦」湾、その遙か先に四国も一望できる。
 本尊の十一面観音は除病・減罪・求福に特にご利益があるとされている。