般若心経

                          般若心経

般若心経は、仏教の精要、密蔵の肝心なり。
このゆえに、誦持(じゆじ)講(こう)供(く)すれば苦を抜き楽を与え
修(しゆう)習(じゆう)思(し)惟(ゆい)すれば道を得、通を起こす
まことにこれ世間の闇を照らす明燈にして
生死の海を渡す船(い)筏(かだ) なり
深く鑚仰(さんごう)し、至心に読(どく)誦(じゆ) し奉る

  仏説摩訶般若波羅蜜多心経

観自在菩薩・行深般若波羅蜜多時照見五蘊皆空・度一切苦厄 舎利子
色不異空・空不異色・色即是空・空即是色
受想行識・亦(やく)復(ぶ)如(によ)是(ぜ) 舎利子        
是諸法空相・不生不滅・不垢(く)不淨 不増不減・是故空中
無色無受想行識・無眼耳鼻舌身意・
無色声香味蝕法・無限界乃至無意識界
無無明・亦無無明尽・乃至無老死・亦無老死尽
無苦集滅道・無智亦無得・以無所得故
菩提薩捶依般若波羅蜜多故
心無罣礙(けげ)・無罣礙(けげ)故・無有恐(く)怖(ふ)
遠離一切顛(てん)倒(とう)夢(む)想(そう)・究竟涅槃
三世諸仏・依般若波羅蜜多故・
得阿耨(あのく)多羅三藐(さんみやく)三菩提
故知般若波羅蜜多・是大神呪是大明呪・是無上呪・是無等等呪
能除一切・苦真実不虚
故説般若波羅蜜多呪・即説呪曰(しゆわつ)
掲諦掲諦 波羅掲諦 波羅僧掲諦 菩堤薩婆訶 般若心経


舎利弗
舎利弗(しゃりほつ、サンスクリット:Śāriputra シャーリプトラ、パーリ:Sāriputta サーリープッタ)は釈迦の十大弟子の一人である。
 釈迦弟子中において、智慧第一と称される。舎利弗と目連を特に二大弟子と呼ぶ。
『般若経』など大乗の経典では、小乗を代表する長老の仏弟子として登場することが多い。『般若心経』の舎利子は、この人物のことである。
釈迦の弟子のアッサジ(阿説示)比丘と出会い、アッサジを通じて釈迦の教えの一部 を聞いたとたんに預流果(悟りの最初の段階)に達したと伝えられる。目連を連れて釈迦に弟子入りすると、サンジャヤ仙人の他の信徒250人も、彼ら二人に従い、サンジャヤ教団を離れ釈迦に弟子入りした。その後すぐに最高の悟りを得た舎利弗は釈迦の信任も厚く、時には釈迦に代わって法を説くこともあったという。釈迦の実子である羅ご羅の後見人にもなった。
また提婆達多が釈迦教団から500人を引き連れて分裂させ象頭(ガヤ)山へ行ったが、彼が追いかけて弟子衆を引き戻した。その際、彼がやってきて説法した時に起きたブロッケン現象に弟子衆が驚き、引き戻る契機になったともいわれる。
 釈迦よりも年長とされ、目連と共に仏教教団の後継者と目されていたが、釈迦の入滅に先んじて病没。目連が竹林外道(執杖梵士)によって迫害されて瀕死の状態になったを見て、「一緒に出家し、また仏弟子となり証悟したので、一緒に滅そう」と言ったともいわれる。 釈迦の許しを得て、故郷に帰り彼自身が臨終の床においても母をはじめとする親族を仏教に帰依させたという。彼らが釈迦より先んじて滅したのは、釈迦の入滅に遭遇するのが忍びなかったともいわれるが定かではない。